【お礼】2015年の活動報告


2015年12月1日、湾岸サイクリング・ユナイテッド(WCU)は1周年を迎えました。日頃からの応援とご支援、本当にありがとうございます。2015年、WCUは主戦場としているJBCF J Eliteツアーで、チームランキング14位という結果でした。選手個人の入賞はE1で 1回、E2で4回、E3で8回(内2回は優勝)の計13回でした。 設立初年度でこの成績は素晴らしいというお声を多方面から頂戴しております。本当にありがとうございます。しかし、これで満足することなく、来年はより上位を目指して活動を続けて行きます。


私達はこのチームを互助会だと思っています。私達はプロではなく、趣味でレース活動を続けています。しかし、レースを転戦するのはお金が掛かります。エントリー費用はともかく、遠征費を少しでも低く抑えることは、このチームの存在意義の一つです。


同じ志を持った仲間が集まり、今年は18名の登録選手が、延べ140レース(JBCFレースのみ)にエントリーしました。J Eliteツアー全36戦中、実に26戦にチームの誰かしらが出場しています。北(東)は福島から、南(西)は大分まで、JBCFのレースは全国で開催されています。参戦した26戦中、11戦は西日本(愛知以西)で開催されたレースです。そして、15戦には3人以上で、11戦には5人以上で参戦しました。単独参戦となったレースはたったの2戦しかありません。


チームとしての遠征は、3月の宇都宮に始まり、4月の伊吹山(岐阜)と群馬、5月にはJBCFではありませんが木祖村(長野)と熊野、6月に栂池(長野)と富士山、7月に広島と石川(福島)、8月には宮田(長野)、9月にも渡良瀬(栃木)、南魚沼(新潟)、群馬、10月にいわき(福島)、最後11月に沖縄と、15回を数えました。皆で相談して宿を取り、車を分乗し、飛行機を手配して、これだけ多くの遠征をこなしました。もちろん、遠征費用はそれなりに嵩みましたが、単独で遠征することに比べれば金銭的にも体力的にもかなり負担が軽減できたのではないかと思います。


チームランキング14位という結果以上に、これだけの遠征をこなすことが出来たこと、多くのチームメイトと喜びも負担も共有出来たことがこのチームの誇りとなります。


2016年のJ Eliteツアーは、(まだ確定ではありませんが)E1が4名、E2が7名(内5名は確定)、E3が9名以上という布陣で始まる見込みです。多くの選手が昇格を果たしたので、シーズン序盤はE2がかなりアツくなりそうです。WCUは2年目もやります!引き続き応援よろしくお願い致します。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Joie Hinman (水曜日, 25 1月 2017 01:03)


    Hola! I've been reading your site for some time now and finally got the courage to go ahead and give you a shout out from Kingwood Texas! Just wanted to mention keep up the excellent work!