チーム規約


1章 総則

 

第1条(名称)

1、当会は「湾岸サイクリング・ユナイテッド(わんがんさいくりんぐゆないてっど)と称し、略称を「WCU」(だぶるしーゆー)とする。

2、当会はレース、各種団体への登録名を「湾岸サイクリング・ユナイテッド」とする。

 

第2条(事務所)

1、当会は、事務所を代表理事宅に置く。

 

第3条(目的)

1、当会は、一般社団法人全日本実業団自転車競技連盟(以下、JBCF)主催の競技会への参加を目的として設立するものとする。

2、当会は、合同実業団チームとして、千葉県北部とその周辺地域で活動する自転車クラブに広く参画を呼びかけ、協力して一つの実業団チームを運営するものとする。

3、当会は、千葉県北部とその周辺地域における若い自転車選手を育成し、同地域における自転車文化の発展に積極的に寄与するものとする。

4、当会は、参画するチームと利害が衝突しない様に最大限の配慮を行い、参画するチームが出場する競技会に同時に出場することは、原則として行わない。但し、参画するチームの構成員を、出場させない場合は、その限りではない。

 

第4条(事業)

1、当会の目的を達成するため、次の事業を行う。

(1)全日本実業団自転車競技連盟主催の競技会への参加

(2)ユニフォーム、その他グッズの制作

(3)その他、会の目的達成に必要な事業

 

第2章 組織

 

第5条(組織)

1、当会の規約を認めた個人と、当会の設立趣旨と規約に同意するチーム(以下、参画するチーム)によって構成する。年齢、性別、人種、居住地、国籍は問わないものとする。

2、当会は会員同士の交流、連絡手段として複数のソーシャル・ネットワーキング・サービスを使用する。

 

第3章 会員

 

第6条(会員区分)

1、個人A会員は、個人として当会に参加し、主な所属先として当会を選択する会員とする。全日本実業団自転車競技連盟に、当会の選手として登録をする。

2、個人B会員は、個人として当会に参加し、主な所属先として当会ではない、別のチームを選択する会員とする。全日本実業団自転車競技連盟に、当会の選手として登録をする。

3.連合会員は、当会に参画するチームに所属し、全日本実業団自転車競技連盟主催の競技会に出場する為に当会に参加する会員とする。全日本実業団自転車競技連盟に、当会の選手として登録をする。

4、サポーターA会員は、個人として当会に参加し、主な所属先として当会を選択する会員とする。当会の趣旨に賛同し、その活動を応援するが、全日本実業団自転車競技連盟に選手登録はしない。

5、サポーターB会員は、個人として当会に参加し、主な所属先として当会ではない、別のチームを選択する会員とする。当会の趣旨に賛同し、その活動を応援するが、全日本実業団自転車競技連盟に選手登録はしない。

6.サポーター連合会員は、当会に参画するチームに所属し、当会に参加する会員とする。当会の趣旨に賛同し、その活動を応援するが、全日本実業団自転車競技連盟に選手登録はしない。

 

第7条(加入)

1、当会への加入条件は、会員区分によって異なる。

(1)(個人A会員、サポーターA会員)当会に入会依頼があった場合は、会員規約を認めることを条件に入会を認める。

(2)(個人B会員、サポーターB会員)当会に入会依頼があった場合は、以下を条件に入会を認める。

  (A)会員規約を認め、同意する。

  (B)主所属チームの長の許可を得る。

(3)(連合会員、サポーター連合会員)当会に入会を希望する者は、所属チームの代表会員を通じて入会依頼を受け付け、以下を条件に入会を認める。

  (A)会員規約を認め、同意する。

  (B)所属チームの代表会員が承認する。

2、入会を希望した者が、当会の規約を守れないと判断された場合、代表理事はその理由を明示することで入会を断ることができる。

 

第8条(脱会)

1、当会を脱会しようとする時は、個人会員の場合は代表理事に、連合会員の場合は所属チームの代表会員に届け出て、その意思が確認された時に効力を生じる。

 

第9条(処分)

1、当会の規約に違反した者は、理事会の権限において処分される。

(1)警告処分

(2)レース出場停止処分

※当会会員を名乗らない場合は、レースへの出場を制限するものではない。

(3)謹慎処分

※処分期間中、当会のユニフォームを着用したり、当会会員として活動することを禁ずる。

(4)除名処分

※処分後、当会のユニフォームを着用したり、当会会員であることを名乗ることを禁ずる。

 

第4章 役員

 

第10条(役員)

1、当会には、次の役員を置く。

(1)(代表理事)当会の総責任者。

(2)(理事)個人A会員、個人B会員、連合会員は、それぞれの区分の会員数が9名以下の場合は1名、10名以上の場合は2名の理事を置く。

(3)(代表会員)参画するチームから1名ずつの代表会員を置く。登録選手を3名以上擁する参画チームの場合、その代表会員は理事を兼任する。代表会員が兼任する理事は、(2)で規定された連合会員から選出される理事とは別枠となる。

(4)(サポーター理事)サポーター会員全区分から計1名のサポーター理事を置く。

(5)(特例)理事が代表理事に選任された時は、代表理事の同属性からもう1名の理事を追加で置く。

(6)(代表理事代行)代表理事が、傷病や私的事情により一時的に任務の遂行が困難となった場合にのみ置かれる。

 

第11条(役員の任務)

1、役員の任務は次の通りとする。

(1)代表理事は、会の総責任者であり、会全般を総括すると共に会計を担当する。

(2)理事は、会が円滑に運営される様、代表理事を補佐する。

(3)代表会員は、当会に対する参画チームの代表として、当会の運営に意見することができる。また、当会役員会の総意を所属する参画チームの会員に伝達する責任を負う。

(4)サポーター理事は、当会に参加する全サポーター会員の代表として、当会の運営に携わる。

(5)代表理事代行は、代表理事に変わり、その任務を遂行する。

 

第12条(役員の選任)

1、役員の選任は次の通りとする。

(1)代表理事の選任は、理事による互選で決定される。

(2)個人A会員、個人B会員、連合会員から選任される理事は、それぞれの会員区分の全会員による互選で決定する。

(3)代表会員は、参画するチームにより選任される。選任方法については、参画するチームに一任する。

(4)サポーター理事は、サポーター3区分全会員による互選で選出される。

(5)第10条第一項の(5)で規定された理事は、代表理事が指名する。

(6)代表理事代行は、代表理事の緊急時に以下の順で選任される。

  (A)代表理事に正常な判断力がある場合、代表理事によって指名される。

  (B)代表理事に正常な判断力がない場合、残った理事による互選で選任される。

2、役員の辞任、または解任により役員に欠員が出た際には、欠員が出た日から14日以内に後任を選出する。その際の選任方法については、本条第1項の通りとする。

 

第13条(役員の任期)

1、役員の任期は、選出されてから会計年度が終わるまでとする。

2、代表理事の任期は3年とする。

3、代表理事代行の任期は、代表理事が任務に復帰するまでとする。

 

第14条(役員の辞任と解任)

1、役員の解任は、他の役員の協議により決定する。

2、役員は、本人が代表理事に申し出ることにより、役員を辞任することが出来る。

 

第15条(役員会)

1、役員会は、第10条1の(1)から(5)に定める役員をもって構成し、本会の運営に対する最高決定機関とする。

2、役員会は代表理事が召集し、代表理事が必要と認めたときは、いつでもこれを開くことが出来る。

3、役員会は代表理事が議長となり、本会の運営について協議、決定するものとする。

4、代表理事、理事、サポーター理事は、役員会の多数決による議決の際、投票権を1票持つことが出来る。代表会員は意見を述べることは出来るが、投票権を持たない。

 

第5章 会計

 

第16条(会計年度)

1、当会の会計年度は、毎年12月1日に始まり、翌年11月30日に終了する。

 

第17条(運営資金)

1、当会は入会金の徴収は行わない。

2、当会は、下記の通り年会費を定め、これを毎会計年度1月15日までに徴収する。会費は主に全日本実業団自転車競技連盟へのチーム登録費、個人登録費に当てられ、残った資金は各種手数料など雑費に当てられる。なお、以下に定める年会費は、2015年度全日本実業団自転車競技連盟の登録料を予測したものを元に算出されているため、登録料の改定が行われた場合は見直すものとする。また、登録選手数が想定外の人数となった時、これを見直すことが出来るものとする。

(1)全日本実業団自転車競技連盟に登録する選手で、当会計年度の4月2日現在の身分が学生(中学校、高校、各種学校、大学、大学院の生徒)であると予測される会員の年会費は、6,500円とする。

(2)全日本実業団自転車競技連盟に登録する選手で、当会計年度の4月2日現在の身分が学生ではないと予測される会員の年会費は、8,500円とする。

(3)全日本実業団自転車競技連盟に登録しない会員の年会費は、1,000円とする。但し、個人事業主が協力ショップ、スポンサーとなる場合は、サポーター会員としての会費は免除する。

2、当会は事業ごとに必要に応じた参加費を参加者より徴収し、それを事業運営資金に充てることができる。

3、事業ごとの運営資金で余剰金が発生した場合、それを繰越金として他事業の運営に充当することができる。

4、会計年度途中からの選手登録でレイトフィーが発生する場合、その費用全額を個人負担とする。

 

第18条(銀行口座)

1、当会の資金はゆうちょ銀行に口座を開設し、そこに保管する。

2、1で定めた口座は、代表理事が管理する。

3、会員からの集金、レース参加費の払い込み、その他業者への払い込みは、1で定めた口座を利用する。

 

第19条(繰越金)

1、会計年度末に決算を行った結果生じた余剰金は、役員会によりその処分方法を決定する。

 

第20条(年次会計報告)

1、代表理事は、会計年度終了後30日以内に該当年度における収支決算を報告するものとする。

 

第6章 免責

 

第21条(免責)

1、当会は、当会が参加するイベントにおけるいかなる事故、事象において、その損害賠償責任を負わない。会員は、自己責任においてイベントに参加するものとする。

 

第7章 その他

  

第22条(細則)

1、本規約の執行についての必要事項、及び本規約に定めのない事項は、代表理事が別に定め、役員会の決議をもって施行する。

2、代表会員を含む役員全員の3分の2以上の賛成があれば規約を変更することが出来る。

 

付則

第23条

この規約は、2014年12月1日より施行する。